コキアのソラ言

日々のソラ言、時々、占星術。

スコットランド旅行 その3

 

スコットランド3日目。

 

今日も早起きして、近所の丘まで朝のお散歩へ。

 

エジンバラ市街を一望できる

『カールトン ヒル Calton Hill 』

f:id:acco-ne:20170705145601j:plain

 

違う角度から。

f:id:acco-ne:20170705145659j:plain

こちらはアーサー王の玉座 Arshur's Seat 』。

真ん中のダイアモンドヘッドみたいな直線的なものがそれだと思っていたのですが。

左の丸い山のほうでした…(^_^;)

頂上までハイクすることもできて、なかなかの眺望のようです。

 

 

 

朝食を摂っておらずお腹が空いてきたので、街に出るが。

 

 

お店が開いてない。

 

 

白夜のせいか、午前3時までバーやらパブが営業しているからなのか、

エジンバラの人たちは朝が遅めのようで。

 

私たちと同じような朝食難民となった観光客たちがちらほら見られた。

 

 

 

8:30になり、カフェがオープン!やっとこ朝食にありつけた。

f:id:acco-ne:20170705164406j:plain

 質素!

 

 

 

今日はエジンバラ城に行こうと思い、まだ早いが向かうと…もう並んでる!

入場券はネットで事前購予約だか購入できるらしいが、

私たちはそんなことすっかり忘れていたので開門を待った。

 

開門してからネット事前購入組は左側、当日券購入組は右側に並ぶよう誘導されたが、

ほとんどの方がネット組だったので当日券購入の3番目に並べた。

 

 

すんなり入場できて、中に。

 

f:id:acco-ne:20170705151714j:plain入口。

 

f:id:acco-ne:20170705152157j:plain

城敷地内より。海が見えます。

f:id:acco-ne:20170705152315j:plain

 振り向くと崖。崖に建ってるのね。

 

王宮には「クラウンルーム」があって。

スコットランド王の戴冠用宝器の3種の神器、宝冠・御剣・笏と

運命の石である”スクーンの石 Stone of Scone ”が展示されていた。

宝器は素晴らしかった~!キラッキラしてたわ~。

 

運命の石である”スクーンの石”。

スコーンの語源だという云われのある石。

代々スコットランド王がこの石の上で戴冠式を挙げたとされる石だとか。

 

スコットランド王家の守護石なんだけど、1296年にイングランドエドワード1世によって戦利品として奪われちゃったんですって。

それ以来、ウェストミンスター寺院の木製の椅子にはめ込まれ、代々のイングランド王がその椅子に座って戴冠式をしていたそうな。

 

盗難事件があったり、石が2つに割れちゃったりしたけど、

1996年のブレア政権で700年ぶりにスコットランドに返還されたそうです。

 

うーん、そりゃ、イングランドスコットランドは仲悪くなるわな…。

 

 

 

 

にしても敷地内に正装の人が多い。

f:id:acco-ne:20170705155856j:plain

 

 

これは何かあるな。制服カワイイな。

 

 

 

だって後ろに見える砲台が3基もある!

本来は「ワンオクロックガン The One O'clock Gun 」という13時をお知らせする

大砲が1発しか鳴らないはず!

 

絶対何かあるはずに違いない!と野生のカンを働かせ、待つこと1時間強。

急にロープが張られ、後ろに下がるよう指示がっ! 

 

 

 

何か始まった~!

f:id:acco-ne:20170705160321j:plain

鼓笛隊のファンファーレとともにお偉いさんらしき人達が入場して、バグパイプの演奏とともに一番のお偉いさん登場!市長さんかしら?

 

 

どうやらエリザベス女王の誕生日のお祝いとして、礼砲21発を撃つ礼式が執り行われたらしい。

 

 

英国女王の本当の誕生日4/21だが、英国の4月はまだ寒く天候も安定しないので、より天候が恵まれる6月の第2土曜日に公式誕生日としてお祝いするとか。

6/10はエジンバラ公フィリップ殿下の実際のお誕生日だったから、1週間ずれた模様。

 

 

 

いや~、21発の大砲は迫力があって楽しかった~!!

1発不発だったけどね。

 

 

 

大満足で城を後にした。

 

 

 

 

40からの健康問題。 〜クレアチニン下がった!〜

 

もともと持病持ちのワタクシ。

まあ、その持病も30からですが。

 

 

40を迎えてから、カラダのあちこちに問題が出始めてきている。

 

 

 

 

まずは目。

 

 

 

老眼スタート!

 

 

レーシックを受けているので、“老眼は早い”と言われてましたが。

 

まだ、老眼鏡にはお世話になってませんが、昔CMでやっていた、

『遠くを見て、急に近くを見ると目が霞む』

 

まさにあれ。

 

赤裸々話だと、脇の毛が霞んで見えないもんだから、

処理が甘い…(´Д` )嗚呼

 

 

 

 

お次は足腰。

 

 

 

歩き過ぎで膝が痛むは、股関節はすぐつるは、腰痛にすぐなる。

 

O脚なので、膝の変形には用心しなくては。

筋肉の付き方のバランスも考えなきゃいけないんだろうな。

 

 

 

 

そして最後は、血液検査。

 

 

 

中性脂肪は食べたものの影響で、高めな時もあるが。

 

 

 

 

問題は腎臓。

 

 

 

40手前から急にろ過機能が落ちてきて。

(クレアチニンが高値)

 

 

基準値が 0.47〜0.72 mg/dl なのに、0.80→0.82→0.84 mg/dl と、2ヶ月毎に順調に右肩上がりで上昇していた。

 

 

『このまま悪化していくと、透析になってしまう!』

 

と、思い、腎臓内科の受診を真剣に考えていたが…。

 

 

 

 

 

今日の検査で見事に下がってた〜♪( ´▽`)

 

 

 

まだ基準値を上回ってはいるが(0.75 mg/dl)、下がるとは思ってなかったので、マジ嬉しい!

 

 

なぜ下がったか?

思い当たることといえば…

 

 

 

 

水をよく飲んだ。

 

 

 

 

飲み物といえばコーヒー牛乳ばかり飲んでいたが、持病悪化して水ばかり飲んでいたせいか、腎臓のろ過機能への負担が減ったのかなー?なんてね。

 

 

 

30代までは健康問題なんて他人事だったけど。

早いうちからケアはしておいた方が年を重ねた時、楽なんだろうな。うん。

 

 

 

皆さんも、毎日しっかり水を飲もう!

 

 

スコットランド旅行 その2

 

スコットランド2日目。

 

 

早起きして電車で念願の本場の蒸溜所へ向かう。

 

 

 


スコットランドには多くの蒸溜所が存在します。

 

 

 

そもそもウチの夫婦は添乗員付きのバスツアーが苦手。

 

 

 

なぜなら、

 

 

 

その場をじっくり堪能したいから。

 

 

 

ツアーで効率良く回ってくれたとしても、なかなか全て行きたい場所とは限らないし、滞在時間が短くなってしまう。

 

 

それなら面倒でも自力で行って

『思う存分楽しむ』

というのがモットーになった。

 

 

 

宿から遠く、島々に点在する蒸溜所やスコットランド北部の蒸溜所はまたの機会(?)にして、近場の自力で行ける蒸溜所を目指した。

 

 

 


エジンバラから電車で2時間、
『ピトロッホリー』
という街に来た。

 

 

ロンドンでの生活が辛くなり、塞ぎ込んでいた夏目漱石がこのピトロッホリーに来て癒されたそうな。

 


ここには駅近くに
『ブレアアソール蒸溜所』
というブレンディッドウイスキー“BELLS”の蒸溜所があるが、それは後回し。

 

 

 

真の目的地はスコットランドで1番小さい蒸溜所。

 

 

 

エドラダワー蒸溜所』

 

 


ここはお酒の全く飲めない私が好きなパッケージの蒸溜所。

 

 


駅からの道はハイキング。

 

f:id:acco-ne:20170620221751j:imagef:id:acco-ne:20170620221813j:image

 

結構な山道をショートカットして、森林浴を楽しみ、羊を横目にしながら歩くこと45分、到着。

 

f:id:acco-ne:20170620220800j:imagef:id:acco-ne:20170620220830j:imagef:id:acco-ne:20170620220932j:image

 

パッケージにもなっている建物が可愛い〜♪

 

 

各蒸溜所は、だいたい見学ツアーがあり、有料ではあるが2杯くらい試飲が出来る。

ウチの場合、2人で見学ツアーに参加すると、もれなく夫は2倍の試飲が出来ることになる。いいなー。

 

 

オープンすぐのツアーは、ドイツ人ご夫婦・オランダ人ご夫婦・アメリカ人8人と、日本人はウチの夫婦のみ。

 

シングルモルトウイスキーが出来るまでの映像を見て、2種類試飲させてもらい、実際の蒸溜所内の見学へ。

樽の保管場所の内部にも入れてくれた。

f:id:acco-ne:20170620222035j:imagef:id:acco-ne:20170620221929j:imagef:id:acco-ne:20170620221505j:image

古いものは40年以上前のものも。

樽の中には半分も残っていないそうです。

 

 

 

ツアーのガイドはもちろん全て英語

 

 


私は英語は殆ど話せません。

基本フィーリング、雰囲気。

話半分以下しか理解出来ませんでしたが、楽しみました!面白かった〜♪( ´▽`)

 

 

で、ツアーが終わると。

 

 

 

夫はお楽しみの蒸溜所内のBarへ。

 

気になるものを1杯3ポンド払って飲んで、日本じゃ買えないもの(蒸溜所限定品)を購入してた。

 

 

 

そうそう、エドラダワー蒸溜所は見学ツアーに参加すると、試飲した時のウイスキーグラスをお土産にいただけました!

Barでも、私がコーヒー飲んだら、その時のマグカップ(買うと2.5ポンド)もお土産に貰えました〜!ラッキー!

 

 

 

ここの蒸溜所に3時間弱。
ホント自力で来られて良かった!

 

 

 

駅まで歩いて戻る途中、前を走る小さな生き物がっ!
リス!!
走る後ろ姿しか確認出来なかったけど、可愛かった〜( ´∀`)

 

 

折角来たので駅近くの『ブレアアソール蒸溜所』も見学ツアーに参加したが、大手だし、樽の保管場所には入れてもらえず。

味も普通だった(らしい)ので、購入せず。

 

 

その後、街を散策。

可愛らしいカフェでお茶してからエジンバラへ戻ったのでした。

f:id:acco-ne:20170620221646j:imagef:id:acco-ne:20170620221721j:image

 

 

 

スコットランド旅行 その1

 

2017年6月15日(木)〜6月21日(火)、5泊7日でスコットランドを訪れた。

 

 

 

なんでスコットランド

 

 

 

 

それは夫が無類のシングルモルトウイスキー好きだから。

 

 

 

 

今となっては、流行りのウイスキーですが。

 

夫は20年前からシングルモルトウイスキーが好きで、酒屋さんを巡って埃の被ったオールドボトルを安価で分けて貰ったり。

 

ドライブデートで遠出した時も、昔ながらの酒屋さんに立ち寄っては古いボトルがないか聞いて回って。

 

国内の蒸溜所はほぼ巡り、ウイスキーの試飲会にもお金払って参加したりするほど好きなんです。

 

 

 

『いつか本場スコットランドの蒸溜所巡りがしたい。』

 

 

 

そんなことをずーっと、ずーっと言っていましたが。

 

 

 

とうとう実現した。

 

 

 

 

出発前日、夫の仕事は多忙を極め、帰宅は午前様。

 

 

 

『パスポートとクレジットカードさえあればなんとかなる!』

 

を合言葉に簡単に梱包を済ませ、いざスコットランドへ。

 

 

 

 

成田からブリティッシュエアウェイズで、ロンドン・ヒースロー空港乗り継ぎでエジンバラへ。

 

 

まさかの乗り継ぎ時間が1時間!

 

必要最低乗り継ぎ時間だが、ヒースロー空港到着が早まったので、無事乗り継ぎ完了。ホッ。

 

ヒースロー空港での入国審査はちょっとピリピリした雰囲気。

ロンドンでテロが続いてるからかなー?

 

 

で。

エジンバラに20時過ぎに到着したが…

 

 f:id:acco-ne:20170705144315j:image

 

明るい!

 

 

そうか…コッチは白夜なのね。

 

 

そして、寒い!

 

 

Tシャツにスウェットパーカーでも寒い。

防寒服はユニクロ様々でバッチリだか、大丈夫か?

 

 

 

空港からホテルのある市街までは“Airlink100”という2階建てバスでおよそ30分。

 

 

ホテルはエジンバラ中心部の駅目の前の

ザ・スコッツマンホテル。

元々は新聞社の建物だった、素敵な石造りのホテル。

f:id:acco-ne:20170705144525j:image

 

珍しく良い部屋にしたから、広ーい。

寝るだけにしては贅沢し過ぎたかな?

 

f:id:acco-ne:20170705144355j:image

 

 

 

初日の夜は、疲労が溜まっていたので今後の日程に備えて早めに就寝。

はてさて明日からどうなることやら…。

 

 

その2へ続く…

 

 

 

自分のコト(終) 〜人生、自己満足〜

 

何のまとまりもなく、ただ思いつくまま、自分語りをした最終章。

 

 

親のレールにがっつり乗って生きてた私が、いつそのレールから脱線したのか?

そしてどうなったのか?

 

 

 

 

それは、

夫との『結婚』でした。

 

 

 

夫の職業は、“世間体第一”の両親からすれば、何の問題もないもので、とても喜ばれました。

 

 

このままいけば大半は、妊娠・出産と進んで、両親は晴れて娘の子供を愛でることができるはずだったのでしょう。

 

私も『女で生まれたんだし…』というのもあり、妊娠・出産を望んでました。

 

が。

 

先にも述べたように、わが夫婦には子供が授かりませんでした。

 

 

紆余曲折ありましたが、夫婦水入らずで楽しく過ごしていこうとなりましたが、未だ、親は諦めてません(^_^;)

もちろん少し申し訳ない気持ちもあります。

 

 

 

 

ただ。

 

 

 

 

夫は完全なる、最強で、唯一の私を

『認めてくれる存在』

だったのです。

 

 

子供が授からなくても、もちろん受け入れてくれました。

そもそも夫はそこまで子供を持つことにこだわってませんでしたし。

 

 

“承認欲求”の強い山羊座オーバーの私にとって

夫は、とても心強い『味方』となってくれました。

 

 

 

夫と生活していくうちに、これまで実家暮らしで形成されてしまった

『自分の事を後回しにする体質』

が徐々に改善されていきました。

 

 

 

で。

 

 

 

今時点で行きついた説は、

 

 

 

 

 

 

『人生、自己満足。』

 

 

 

 

 

 

自分が満足・充実出来てないでどうする?

 

 

 

自分の人生、自分で楽しまなくちゃ。

 

 

 

 

このことに気づかせてくれたのは、西洋占星術でした。

 

 

初めてと言っていいくらい、  自分から興味を持って進んで学んだものでした。

 

 

学んで分かるようになっていくと、面白くて、楽しくて。

お仲間と占星術談義をしていると時間を忘れてしまうほど夢中になってしまいます。

 

いや〜。

“本当に自分がやりたい事をする”

ってこういう事なんですね♪( ´▽`)

 

 

 

 

女だけでなく、人は30過ぎるて年を重ねる毎に、

いろんな壁にぶち当たります。

 

 

 

 

それって実は誰しもが起こる事。

 

 

 

 

しかも西洋占星術で扱うホロスコープを見れば

わかってしまうものなんです。

 

 

 

 

未来のことが確実に全部わかる訳ではありませんが、大変な時期を“予測”することは出来ちゃったりするんです。

 

 

スゲェ。

 

 

 

 

この出逢いには感謝です。

 

 

 

 

本当にやっていて

『面白い!楽しい!!』

と、思えることをするとココロが満たされます。

 

 

 

皆さまも、いつになっても遅くないので、

没頭できる・夢中になれるもの見つけてみてはいかがですかー?

 

 

 

 

人生、自己満足ですよ!

 

 

自分のコト (3) 〜母親と私〜

 

学生時代から幼少期にまで遡ってみます。

 

 

 

まあ、基本『良い子』ちゃん。

 

 

女子高生でも、制服もひざ下の長さだったし、先生からも頼られちゃうような、そんな “大人が使いやすい” 学生だった。

 

 

 

 

末っ子長女なので、『箱入り』どころか、

 

 

『重箱入り』娘でした。

 

 

友達と出掛けるときは、5W1Hが必須。

  1. いつ?
  2. どこへ?
  3. 誰と?
  4. 何をしに?
  5. どうやって行く?

ついでに何時に帰ってくるか?まであった。

 

 

 

 

これを結婚直前まで、やらされていたw

 

 

 

 

門限もしっかりあった。

 

 

 

義務教育時代や高校生時代は法に則ったものでしたが。

大学生になると、バイトやバイト後の付き合いもあるのに、成人になっても『その日の内』までに帰ってくるように、と。

 

 

母は、

『何かあるといけないから!』

という理由で、お風呂にも入らず帰宅を待っているのです。

 

 

もし、過ぎると…

 

 

 

 

ビンタされた。

 

 

 

 

社会人になると、まさかの23時までには帰ってくるように、と、門限が早まるという意味不明の現象が起きた。

 

 

なぜ社会人にもなって一人暮らししてなかったの?

と、お思いでしょうが、許されませんでした。

 

 

 

 

反抗期なんて、もちろんありません。

 

 

反抗してる方が『面倒臭い』のです。

 

 

 

 

だいたいわかってきましたかね?

 

 

 

 

私は、親の敷いたしっかりとしたレールに乗っていたのです。

 

 

 

 

進路も “自分の希望してない” 親の希望するものになりました。

小学校の頃から“刷り込まれて”いて。

同時に通っていた個人塾の講師にまでも刷り込まれた。

(今となっては親とグルだったのではないかと思うほど)

 

それ以外になることは許されない空気が日々漂っていました。

 

 

末っ子長女なので、兄が2人いまして。

1人は、“勉強は学校でするもの”という天才肌。

もう1人は、“石橋をコツコツ叩いて確実にする”というしっかり者。

私は、“運のツキ”で乗り越えて行くタイプ。

三者三様です。

 

上2人は、自分のなりたいものになった(はず)。

 

なぜか女の私は、ありとあらゆるレールが轢かれた。

 

 

 

それは幼稚園の頃から始まっていた。

 

 

 

幼稚園のころ、ヤマハのピアノ教室に通っていた。

 

私はピアノには全く興味がなかった。

外で遊んでる方が好きだった。

練習ももちろんせず、無理やりやらされて。

上手に弾けないと長い定規で手を叩かれてました。

そんなんだから、年に一度の教室ごとの発表会は、鍵盤を弾く事なく、パーカッション担当でした。

 

本当にピアノ教室が嫌だったんでしょうね。

『お腹が痛い。』

『手が動かない。』

と、嘘もつくようになったそうです。←憶えてないけど。

 

 

 

が。

 

 

 

母からは、

『アンタが習いたいって言ったんでしょうがっ!』

と怒鳴られてました。

 

 

 

これ5歳くらいの話。

 

 

 

この手のやり取り、ずっと続くんです。

言われたからやっていたのに、あたかも私自身が望んでやったかのように言われたり。

 

 

抵抗しようものなら、倍返しです。

大人になってからも、変わらず。

 

 

 

 

母も、自分の母(私の祖母)が弟(私の叔父)ばかりを可愛がり、母親からの愛情不足だったのでしょう。

 

 

『自分がしてもらえなかった事を、娘にしてあげよう!』

 

 

その意気込みは幼いながらも、感じてました。

本人も良く口にしていたし。

だから逆らうことはしなかったのかな?

 

 

今思えば、幼いながらに親の期待に応えて、褒めてもらうことで愛情をはかっていたのでしょう。

 

 

 

褒めて欲しいがために、どんなに勉強頑張っても、テストでクラス2番だったらすると

 

『なんで1番になれないの?』

 

なんて言われちゃう。おいー。

 

 

 

 

 

 

子供がどんなに頑張っても、母自身は満たされないんだな。

 

 

 

だって、

母自身でやってないから。

 

 

 

 

逆に娘が羨ましいのか、嫉妬のような感情もぶつけられたな〜。

 

この点はも今も変わらず…。

『アンタは良いわよね〜。』

って。

 

 

 

 

 

【じゃあ、どうしろって言うんだよ?!】

 

 

 

 

と思い悩んだこともありましたが、私には何もしてあげられません。

 

 

 

もう無理です。

 

 

 

 

今は境界線を引いて、程よく距離を保つようにしております。

 

 

 

金縛りの対処法

 

ウチの夫婦は、ちょいちょい金縛りに遭う。

 

 

 

 

わが家は、お向かいに消防署がある。

 

さらに裏手には、救急指定医療機関の大きめの病院があるため、救急車の往来が日々ハンパない。

(因みに消防署は、毎日8:25と、17:00に時報のようにサイレンの確認があります。)

 

 

 

 

そのせいで “通り道” なのか、何なのか。

 

はたまた元々の土地がらみなのか。

 

 

 

 

家の階段に居座る方もいる。

 

 

 

 

で。

 

 

 

 

これまで金縛りに遭うと、

 

 

『グワーーーッ!!』

 

 

『ふんぬーーーっ!!』

 

 

と、本人は声を出して(いるつもりで)、力いっぱい抵抗。

 

 

 

 

 

すぐに退散することもあれば、長期戦になることもあり。

 

 

 

 

ただ、ただ、疲れるだけ…(´Д` )

 

 

 

 

 

で、編み出した対処法がコチラ。

 

 

 

 

 

 

 

 

【家賃を要求する。】

 

 

 

 

 

 

ネタではなく、本気です。

 

 

 

 

階段に居座っていた方にも、

『居座るなら家賃払ってー。』

『もしくは、それ相応のお金が入るようにしてー。』

と、階段を昇り降りする度言ってたら、いつの間にかいなくなってました。

 

 

 

要求すると、退散してくれます。

 

 

 

 

 

今朝も夫が、

 

『久しぶりに金縛りに遭ったー。猫だったー。』

 

『家賃要求したら、すぐいなくなったー。』

 

と、申しておりました。

 

 

 

皆さまも、金縛りに遭った際はお試しあれ〜。